高田義裕の人生論

今日の格言

タイムマシンのパラドクス

2019年10月14日現在、タイムマシンは既に完成している。なぜなら、タイムマシンがこの後、20年後の2039年10月14日に完成しようと、100年後の2119年10月14日に完成しようと、タイムマシンという時間ワープが存在した時点で、どの時間帯でも移動出来るわけだから、大昔の紀元前6000年前にも行ければ、遥か彼方の一万年後の未来にも行けるわけである。すなわちタイムマシンが完成した時期などあまり意味は無くなり、我々のいる現在の時間帯も最先端の未来では無くなるのである。そう、時間の流れなどもはや意味は無く、すべての時間帯の世界が、ある1つの一点に同時に平行して存在しているのである。すなわち、現時点ですべての世界が存在しているわけであり、大昔の紀元前6000年前の時点でもすべての世界が存在していると言えるわけである。これは例えれば、巨大な宇宙空間に、もしワープマシンが出来るようになれば、一瞬にしてどんな遠いところでも行けるわけだから、この広大な宇宙の広さなど意味をなさなくなるのである。これと同様にタイムマシンという時間ワープが出来るようになれば、遠い過去や未来などの区別は全く意味をなさなくなってしまうのである。要するに全体から眺めれば時間など流れておらず、ただ一点に時間が停止しているだけなのである。すなわちこの全世界が既に巨大なタイムマシンなのであり、我々の普段論じているタイムマシンとは非常に局所的な短時間なものに限って論じているものに過ぎないのである。すなわち、この全宇宙も巨大なワープマシンなのであり、我々が普段論じているワープ理論とは非常に局所的で短距離である場合にのみ限って論じているものに過ぎないのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

自分の父と母に向かって、なぜ私をこの様に産んだのか、もしくはなぜ、私を産んだのかという者は、自分は父と母が産まれる前から存在する者である、と言っている事に等しいのである。これを愚かな事と言わずして何と言おうか。

2.人は誰でも一回は自分の事が嫌いになる時期があるし、むしろそうなるべきなのである。その段階を経て初めて、人は皆、自分の事を自己肯定できるためのスタートラインに立つのである。

3.見かけは同じ、されど中身は全く違うというものの中で一番顕著なのは人間である。

4.多くの正しい事に気付く人間はたくさんいるとしても、また同時にそれを実際に自分に当てはめている人間でもあるかどうかは、また別問題であること。そしてその両方を行っている者は少ないのである。

5.万物の様は栄枯盛衰の繰り返しであること。

6.いくらでも出来る事で、それでもそうしないとすれば、それこそ、もはや救いようは無いのである。

7.人が改心する事で遅いという事は無い。すなわち、その本人が改心の必要性を自覚した時こそが、初めてその当人にとっての真の改心するべき時期なのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

神の存在の証明

よく悪人は偽札を作るが、それは本物の紙幣があってこそできる事である。つまり正式な正しい紙幣があるからこそ、偽札を作るという悪行も存在する事が出来る。また、ある政府が、内密に金塊を輸送するというミッションがあるからこそ、悪人はその金塊を強奪する計画を立てる事が出来る。この様に正しい事と悪い事は表裏一体であり、正しい事が存在してそれを破ろうとする事が悪なのである。この世の中は悪と汚職と不正に満ちている。そうである。逆説的ではあるが、この世の中に確かに悪が存在している事が、間違いなくその反対である正しさや清さや公正さも存在する事を証明するものである。すなわち、この世の中に究極の悪が存在する限り、清さや公正さや正しさの点で究極である神が存在する事がはっきりと分かるのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

今この地上において貧しくて苦しんでいる者達よ、あなた方はまずこの地上にでは無く、天に宝をたくわえなさい。天に宝をたくわえること、すなわち、今の状況で精一杯の愛情を隣人に注ぎ、互いに隣人に親切を示し、隣人に惜しみなく与え、惜しみなく隣人の罪を許す事であり、その事をまず最初に行い続けるなら、地上の宝、すなわち、衣服や住居や食物などの物質の必要は必ず満たされるからである。あなたが今貧しいのは、その貧しさのゆえにこの世の中を憎み、自分を憎み、隣人を妬んで憎しみの感情を抱いているからである。ぜひともそれを止め、今の貧しい現状で出来るだけの感謝の念と愛情を示しなさい。その様にして天に宝をたくわえる者は、必ずこの地上にある物質的必要物に事欠くことは決して無いからである。

高田義裕の人生論

今日の格言

人生は宝くじ型が良いか、蓄積型が良いか?

人生の型とは蓄積型が良い。なぜなら宝くじ型の様に一時に大金が入ってくる様な人生は必ず破滅するからである。すなわち最初から一気に強運が舞い込んでなんでも上手くいくと、人は必ず有頂天になってしまい、人生とはこんなもんだと人生をなめてしまうからである。そうなると、人生上手くいって当然の意識が当たり前になるから、どれだけ恵まれていても感謝する心が育たないし、自分の欲望のままに生きるから、人生に何の計画性もなくその場しのぎで生きてしまう。すなわち宝くじで当たったお金を乱費してしまいお金を使い果してしまう様に、大量にあった運気も無駄に使い果してしまうのである。そうなると後は一文無しで一気に人生は逆境の奈落の底に落ちてしまうのである。しかし、最初は一文無しから始まって、貧しさを経験し、人生とは厳しいものであるという意識が当然のものとなると、何事にも感謝の念が培われ、少しの進歩も有り難いと思えるようになる。当然、お金の有り難みもわきまえるから、無駄遣いしなくなる。そしてコツコツと努力する事によりだんだん運気が向いてくると、彼は決して油断せず、慎重に人生設計して計画を立てて生きるようになる。もちろんお金が増えていっても、決して乱費しないで、計画的に使うから貯蓄も増えていく。そう、このように蓄積型の人生の方が人生は成功するのである。古今東西、人生の敗残者は得てして皆宝くじ型の人生であり、古今東西、人生で成功した人は皆、蓄積型の人生なのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

本当の敵は自分自身のうちにあること。

2.人間、努力している間だけが人間(幸福)なのである。

3.真の凡人は自らが努力する必要性すら感じ無いものなのである。これが凡人の凡人たる所以なのである。これに対して非凡な者は他から求められなくても、自らが求めて、努力をせずにはいられないものなのであり、これが非凡の非凡たる所以なのである。

4.この世の中で最も偉大な者とは、自分の事では無く、他の人の幸福や業績を自分の事の様に喜び、かつそれを素直に認め、評価する人間の事を言うのである。

5.人の妬みは人のものを盗むための前座を備える役目を果たすのである。

6.神の私達人間に対する御要求は何も私達に我慢比べをせよ、と言っているわけでは決して無いのである。すなわち神は人に禁欲を薦めているわけでは無く、むしろ生きる事を、飲み、食べ、歓ぶように薦めておられるのである。

 

高田義裕の人生論

今日の格言

今や日本も韓国も同じ様な社会問題で我々は苦しんでいる。日本は日本で高学歴な大学を卒業しても、一流企業に入れるという昔からの紋切り型は通用しなくなった。日本の大学の基礎研究における研究費というものがものすごく安い。これでは将来の画期的な発明発見をしろ、と言っても無理な話である。韓国も大学進学率は全体のほぼ8割を超えており、高学歴な人が多いが、これもまた一流企業に入れるという昔からの紋切り型は通用しなくなった。日本と韓国共に正社員になれずにパートタイマーや派遣社員で食いつないでいる若者が多くなっている。どうしてこうなったか。それは老人世代の既得権の構造である。今の老人達は若者と違って金銭的にものすごく余裕がある。今の時代は年寄りばかりがお金を持っているのだ。社会的仕組みにおいても高齢者の富裕層ばかりが有利な社会システムになっている。政治家達も若者の支持を受けなくてもお金を持っている高齢者の支持を集めてさえいれば、政治資金に困らないので、ますます高齢者の既得権益が磐石なものとなっている。そうである。もはや今の社会の現体制はカチカチに硬着しており、若者たちがどれだけ努力しても、報われない宿命型社会になってしまっているのである。これでは何をしても変わらないと若者たちは諦めてしまい、望まない保守派になってしまっている。まさにこれは老害以外の何物でも無い。こんな状態が続けば、いずれ社会全体は進歩が無くなって収縮してしまい、お金はあっても誰も働かない機能しない社会となってしまうであろう。しかしこの不景気な傾向は全世界にまで飛び火しているから、これは人類存続の危機にあると言える。自然環境もますます悪化しているから、このまま富裕層と貧困層の分離が加速していけば、最終的には人類の大多数を占める貧困層の人々はこの滅びゆく地球に取り残され滅んでしまい、少数の超富裕層はその豊富な資金で宇宙船でも建造して、昔のノアの箱船の様に、地球を捨てて火星でも住むしか無いであろう。すなわち最終的にはお金持ちだけが生き残るという全く不平等な悲惨な事になるのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

日ユ同祖論

日本人とユダヤ人は同じ祖先から出ているという考え方が、日ユ同祖論である。失われた10部族の末裔が日本列島まで辿り着いて定住したという説である。確かにユダヤ人は英語で言えば、Jewであり、日本人も英語で言えば、Japaneseであり、頭文字が同じJである。昔、日本にいたクリスチャンである内村鑑三もイエスキリストの英語名がJesusChristであり、日本のJapanと比べて頭文字が同じJである、2つのJであると言っている。しかしこれは単に大昔にユダヤ人の末裔が日本列島に移住してきたという単純な話では無い。実は中身はもっと深くて、世界は対称性を示すという事である。すなわち、世界は互いに逆の要素を持ち、全体としてバランスを保っているのである。ユダヤ人はこの長い歴史において他国からの侵略を多く経験してきた。すなわち、他の国からレイプされ続けてきた歴史がある。それに対して日本はこの長い歴史においてまだ一度も他の国からの侵略(レイプ)を受けた事が無い。すなわち、未だに日本は処女(バージン)なのである。また同じ単一民族であり、現在でもイスラエルは他国のイスラム諸国と内戦状態があり、常に危険と隣り合わせに生きている。それに対して現在の日本は他のどの諸国とも戦っておらず、日本人は平和ボケしていると言われるほど、平和である。この様にイスラエルと日本は対称的であり、互いに逆の関係がある。これは日本とイスラエルに限った事では無く、どの国も自分とは逆の体制にある対称性を持つという事である。例えば大きな区切りで言えば、西洋と東洋と言う互いに文化的に逆の関係である対称性が成り立っている。人種においても白人と黒人という対称性があり、そのハイブリット(中間)に黄色人種があるのである。この様に世界は対称性を示すのであり、互いに逆の存在が成り立っていて、全体としてバランスを保っているのである。このほかにもプラスの電荷があればマイナスの電荷があるし、磁石にはN極とS極があるし、陰性があれば陽性があるし、北半球があればその逆の南半球もあるのである。また男と女という逆の対称性もあれば、昼(光)と夜(闇)という対称性もあるのである。よって物質があればその逆の霊的存在もあるのである。すなわちこの物質的宇宙が存在するならば、もう1つ別の非物質的世界(ダークマター)も存在するという事である。それは肉体的な存在があれば、形を持たない精神的な存在もあるという事である。よって人間とは物質的存在である肉体と非物質的存在である精神(心)の両方を合わせ持った奇蹟的(ハイブリット)な存在なのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

真理

高慢にならなければ、何をしても良い。なぜなら高慢さから誇りや偏見や傲慢さが生まれ、それが殺人や盗みなどのあらゆる悪を発生させる根源となるからである。すなわち、all(すべて)-(高慢さ)=良い事しか残らないからである。

高田義裕の人生論

今日の格言

進化論

進化論において、常に生き残るものは強者であり、弱者は切り捨てられるという考え方があるが、実は逆である。常に生き残るものは最も弱い者であり、最も強い者が切り捨てられるのである。すなわち、適者適存が正しいのであり、常に変化する環境に適応していく者こそ生き残れる者である。すなわち現体制において一番強い者は今の環境に対して最も適している者であり、それは言い換えれば、今の環境が激変した時、今の環境にどっぷりと浸かっていた分、新たな現実の台頭の際に全く対応出来ない事を意味する。逆に今の現体制で最も弱い者、すなわちこの現体制で煮え湯を飲まされている者、マイノリティーであり、邪魔者扱いされ、厳しい生活を強いられている者の事である。その者達はこの厳しい環境の中でどうしたら生き残れるかを必死に考え、模索する。そうしているうちにどんなに厳しい環境に置かれてもそれに対処するだけの知識や力を蓄える事になるのである。よって未曽有の環境の大変化が急に起きても、今の現体制で安楽に暮らしている現在の強者は不意を突かれ、慌てふためくが、いつも気を抜けずに厳しい環境を生き抜いてきた弱者にとっては環境の変化はむしろ自分がのし上がるチャンスなのである。この様にして、今栄えている者は、いずれ必ず訪れる世界の変化に対応出来ず、滅んでいくしか無いのであり、今不利な立場にいる者はいずれ必ず訪れる世界の変化に難なく順応して次の時代の新しい覇者となれるのである。