高田義裕の人生論

今日の箴言

人間は、平和に慣れると、生ぬるくなって、真剣さ、必死さという人間が生きていくうえで、一番大事な機動力というサバイバル精神が、知らないうちに、徐々に失われていくこと。

2.一人の人にとって、その子供時代こそが、自分にとっての、可能性に富んだ二度とない短い黄金時代であったことを、子供時代には全く気付かず、子供時代を十分に活用せずに、無為に過ごしてしまいがちなこと。

3.人は、人と交わり合わない限り、ただ一人では、何の意味もなく、また、何の価値も生まれないものであること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です