高田義裕の人生論

今日の箴言

人にとって、それぞれ、自分の良いところが、また、自分のマイナス面でもあるということである。すなわち、相手の人間に、よく気がきく人は、その反面、相手に気を使い過ぎて参ってしまうことがあり、その場の空気をよく読める人は、逆に空気を読み過ぎて、神経質になって心を病んでしまいがちになるのである。

2.もはや、どうしようもない時は、そこから物理的に離れるしかない、すなわち、逃げるしかないのである。

3.たとえ、健康で、すべてに申し分無くても、心が悪ければ、すべて台無しになってしまうのであり、逆に、健康で無くて、すべてが駄目であっても、心が善ければ、何とか補えるものなのであり、人間にとって、一番大事で肝心なのは、心なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です