高田義裕の人生論

今日の格言

人類はこの後、神に従う者達と神に従わない者達、すなわち羊とヤギに分類され、ハルマゲドンを迎える。そして神に従う者達に対してイエスキリストが語られた言葉。[そしてイエスの12人の弟子達は言った。主よ、それはいつ起こるのですか?世界の終末には何がありますか。するとイエスは答えた。神に従う者達はパラダイス行きの電車に乗る者に例えられます。私が選んだ義なる人達はハルマゲドン後の地球の楽園(パラダイス)に入れる電車の予約チケットを与えられます。それで彼らは自分達の家から出て、駅に向かいます。まっすぐ駅の方を向いて歩いていく人達は幸いですが、ある人達は駅に向かう際、その通りにいろんな食べ物や魅力的な商品が並んでいる店屋に目を奪われます。それで彼らはこう言います。(パラダイス行きの電車が駅に着くまではまだ時間がある。少しの間ここで買い物をして行こう。)そして彼らはいろんな食べ物や品々を食べたり飲んだり選んだりし始めた。すると時間は瞬く間に経ち、彼らの1人がハッとそれに気付いてこう言います。(皆さん、もうすぐで電車が駅に到着する時刻です。急いで駅に向かいましょう。)それを聞いた者達はハッと我に返り、急いで駅の方に向かいます。そしてもう少しで駅の門の前に来た頃に電車が到着し、彼らは慌てて改札口に向かいます。しかし、その間に電車は汽笛を鳴らし出発してしまいます。彼らはそれを見て地団駄を踏んで歯ぎしりして泣き叫びます。こう言うと12人の弟子達は尋ねます。主よ、それはどういう意味ですか?するとイエスは答えられた。たとえその義の行いゆえに永遠の命を約束された者達であっても、主人が到着するまでこの世の中で食べたり飲んだり、嫁いだり娶ったりする事に夢中になっていれば、その者達が知らないうちに主人が帰ってきて、その時分に主人が到着するのを注意深く待っていた者達は主人と一緒に奥の間へ入りますが、遅れて到着した者が来て、戸をたたいて主よ、開けてください。私達は今到着しましたから、と言っても、主人はその者達に、私はあなた方の事を知りません。不法を働く者達よ、私から離れ去れ、と言います。それであなた方は日常の事柄にかまけるのを止めて常に見張っていなさい。選ばれる者は多いのですが、実際に救われる者は少ないのです。]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です