高田義裕の人生論

今日の格言

この世の中は悲惨な事で満ちている。叔父が姪を性的に虐待したり、父親が娘を性的に虐待したり、姑が嫁を陰湿にいじめたり、それを旦那は知っていても、マザコンの故に何も言わずに母親に甘えていたり、親が子供が言う事を聞かないのに腹を立て、虐待死させたり、奔放なセックスで望まない妊娠をし、便所で子供を産み落とす女性、望まない妊娠で生まれた子供を捨てていく親たち、セクハラばかりして女性を性の対象としか見ていない男たち、北朝鮮の様に政治犯を強制収容所に送り込み、激しい虐待や暴行を繰り返し、過酷な強制労働をさせて、それにより自分の懐を肥やす政治家たち、小さい頃から貧しくて奴隷として売られていく子供たち、職場では同僚のいじめがあり、上司からのパワハラを受けて、精神を崩壊させていく若者たち、学校では陰湿ないじめにより不登校になる人達ばかりが増えているが、肝心の教師が何もしてくれないという不条理、自然災害の多発により、それが元で貧困に陥り、徐々に衰弱し死んでいく老人たち、もう挙げたらキリが無いのである。しかし私達はこの世の中の光の当たらない人達の現実をよく知っている。これはすなわち、人間が人間を支配するとどうなるかという決定的証拠でもある。私達はこれを見て、神などいないと言うが、実は逆である。問題が悲惨でむごいものであればあるほど、人類は自分達が無能であり、如何に神が人間を支配するのにふさわしい方かを反面教師的に教えているのである。もし神が支配すればこれらの厄介な問題はすべて解消される事を、今あるこの悲惨な現実が我々に間接的に証明しているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です