高田義裕の人生論

今日の格言

倫理の法則(物理的不均衡の是正)(神の裁き)

物理の授業を学生の時に誰もが習ったと思うが、地球には重力というものがあって、すべての物質は重力によって下に行こう行こうとする。すなわち、重力に逆らって物を高く積み上げていけばいくほど、その状態は不安定になり、積み上げ過ぎると、いずれちょっとした振動で瞬く間に崩れ落ちる可能性は我々の日常経験上、すぐに理解できる。要するに、万物はバランス的不均衡を是正するように働くのであり、常にバランス的に平衡な、高くも低くもない安定した状態に戻ろうとするのである。これはエネルギーのエントロピーと同じで、たとえ温度を高くしてもそれを放っておけば、いずれは温度は冷えて、最終的には暑くも冷たくもない常温に戻ってしまうのと同様である。これは倫理の法則にも当てはまる。万物はすべて倫理的法則から逃れる事はできない。すなわち悪い事をすれば、いずれ必ず罰せられるのと同じように、あまりにも貪欲に利潤を積み上げ過ぎても、いずれは積み上げ過ぎた荷物のように不安定になり、それは必ずはちょっとした振動で瞬く間に崩れ落ちるのである。それでは今私達の現在の世界情勢をAとしよう。すなわちすべての人はAを底辺とし、その上に自分で稼いだ富なり資産を積み上げていく。当然貧しい人は富や資産を積み上げる事は出来ず、それどころか日常の生活は赤字で、Aを上天として-A(マイナスA)になっている。しかし、ある人達は貪欲にも自分達のためだけに商売や仕事をして多額の資産を積み上げていった。そしてどんどんその富は増し加わっていき、Aを底辺として棒グラフはすごい伸びを示して、上ばかりが高くなりすぎてAという底辺は不安定になっていった。すなわちこの現在のAという世界情勢を底辺として(土台として)あまりにも極端に積み上げ過ぎた結果、この世界情勢は貧富の差が拡大し、不安定になっていった。そしてある時、ちょっとしたきっかけでこのAという底辺はこの全体的不均衡を是正しようと180度ひっくり返った。すなわち考えられないような世界的秩序の崩壊が起きたのである。そうして今まで一番上に位置していた人達は皆Aが-A(マイナスA)にチェンジして一番下になった。しかし逆に今まで-A(マイナスA)だった人達は-AがAにチェンジして一番貧しかった者が一番上になったのである。このように万物には常にバランス的に平衡を保って安定しようとするから、現在の世界情勢を土台としてここまで貧富の差が開くと世界情勢は不安定になり、いずれ考えられないような世界秩序の崩壊が必ず生じてしまうのである。そして今までの価値観は全く逆になり、立場の逆転が起こってしまうのである。よって今の世界情勢で富んでいる人よ、あなた方は嘆き悲しみなさい。あなた方の終わりは近いからである。しかし今の世界情勢で貧しい人達よ、あなた方は喜び踊りなさい。あなた方の救出は近いからである。神はまさに公正な裁きをもってこの世界体制を滅びに至らせるのである。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です