高田義裕の人生論

今日の格言

人の幸、不幸の分かれ道はただ心の持ちようにのみかかっていること。

2.何もしようとしない者は本当の怠け者か、そのままで自分が一番偉いと思っている者のどちらかである。

3.人生をうまく渡る秘訣とは、一言で言って、たとえそれが本当の事実であったとしても、それをあえて言わないということのみにかかっているのである。なぜなら、いつでも誰であっても、真実とは常に残酷なものであるから。

4.神は私達に奇跡を見せてくれないと言っている者達よ、私達がごく普通に生きるためには奇跡が必要不可欠なのである。それは離婚した女性が生まれた子供を1人身で働きながら育てる事であり、1人の若者が貧しさに耐えながら勉強に励んで仕事と勉強を両立させながら生きることであり、目の見えない者が必死に努力して立派なピアニストにまでなることであり、手のない者が過酷な自転車レースに挑んで優勝する事であり、精神を病んであまりにも凶暴過ぎて牢屋に入れられていた者が、周りの人達の愛ある協力で遂には普通に働けるまで回復した事なのであり、挙げたらキリが無いのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です