高田義裕の人生論

今日の格言

受験の悲劇

彼は学問の勉強はやってきたが、人生の勉強は少ししかやってこなかった。それで、人にとってより大事なのは人生の勉強の方だったのである。そしてタチの悪い事に、彼は知識だけは持ち得ている分、人生を仮想現実的に評論家のような態度を取る。すなわち頭の知識だけで人生を知ったつもりになっているため、心のプライドだけは非常に高いのである。それで社会に出ても、社交性が乏しいから、仕事も職場の同僚や先輩とうまくコミュニケーションが取れない。それで彼は非常に悩んで仕事を辞めてしまう事になる。そして一歩踏み間違えると、あとは雪崩の様に人生を転げ落ちていく。これが現代の受験の悲劇なのである。本来学問が好きな者だけ大学に行けばそれで良いのである。世の中に出れば、引き算と足し算さえできれば仕事が出来るし、学生の頃に習った微分積分などの知識は社会に出たらほとんど使う事はないのである。そんな知識は数学者になりたい人だけ勉強すれば良いのだ。よって勉強が嫌いな人は中学校を卒業したらさっさと働けば良いのである。中国の孔子が勧めた科挙による試験で優秀な人材を選び、その様な者こそ役人や官僚になるべきであり、君子が政治を治めるべきだという考え方は一見正しいようで実は問題を多く抱えているのである。みんながみんな君子になる必要はないのである。よって受験戦争とは人の弱点を巧みに突いたプライドという心理に訴えた自尊心を逆手にとった殺人システムと化しているのである。我々はそろそろ学歴社会を捨てて、もっと幅広い多様性に富んだ教育システムを早急に構築しなければいけない。世の中とは賢い人が支配してうまくいくものでは無く、大勢の人の多様性という役割分担によって成り立っていくものなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です