高田義裕の人生論

今日の格言

愛の定義

愛とは何か。まさに聖書にこう書かれてある。新約聖書、パウロによるコリント人への第一の手紙13章4節から7節、[愛は辛抱強く、また親切です。愛は妬まず、自慢せず、思い上がらず、みだりな振る舞いをせず、自分の利を求めず、刺激されてもいら立ちません。傷つけられてもそれを根に持たず、不義を歓ばないで、真実なことと共に歓びます。すべての事に耐え、すべての事を信じ、すべての事を希望し、すべての事を忍耐します。]

そしてまたこの様にも書かれてある。コリント人への第一の手紙13章13節、[しかし今、信仰、希望、愛、これら三つは残ります。しかし、このうち最大のものは愛です。]

またこの様にも書かれてある。コリント人への第一の手紙13章8節、[愛は決して絶えません。それに対し、預言の賜物があっても、それは廃され、異言があっても、それは止み、知識があっても、それは廃されます。]

またこの様にも書かれてある。コリント人への第一の手紙13章1節から3節、

[たとえわたしが人間や天使のいろいろなことばを話しても、愛がなければ、音を立てる一片のしんちゅうか、ただ鳴り響くシンバルとなっています。そして、たとえ預言の賜物を持ち、すべての神聖な奥義とすべての知識に通じていても、また、たとえ山を移すほどの全き信仰を持っていても、愛がなければ、何の価値もありません。そして、ほかの人たちに食物を与えるために自分のすべての持ち物を施しても、また、自分の体を渡して自分を誇れるようにしたとしても、愛がなければ、わたしには何の益にもなりません。]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です