高田義裕の人生論

今日の格言

神学序説

どんな人間も自分を産んだ父と母がいる。もし、進化論が正しいとして、我々人間が偶然の所産で誕生したのだとしたら、それほど不名誉な事はないであろう。進化論の考えに従えば、我々は正当な父と母から生まれたのではなく、父と母でない人達の淫交によって生まれた、望まない子供であり、路地裏に捨てられた孤児である事を正当化する様なものだからである。よって、我々人間は正当な父親であるエホバ神によって、誕生したのだとしたら、それは、我々人間社会の常識において、全く正当で当たり前の事なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です