高田義裕の人生論

今日の箴言

予期せぬ時に、予期せぬ勇敢さを示せる者が、初めて真の勇敢な者であること。

2.予期せぬ非常事態に陥った時、それに瞬時に対応できる賢さが、初めて真の賢さであること。

3.知恵を付ければ付けるほど、自分はいかに何も知らないのかということを思い知らされるのである。

4.何事においても、犯罪を犯す加害者は、気軽にそれを行うが、それを受ける側である被害者の心情は、天と地の差ほどのものであり、被害者のダメージは相当のものであり、まさに、とんでもないショックなものなのである。もし、加害者がそれを知っていたなら、うかうかと、たやすく人に危害など、加えられるはずは本来、普通、無いのである。これはすべて、人が他の人を自分自身のことの様に当てはめて考えずに、自分のことばかり考えて行動するという愛の無い、人に対する想像力の欠落した、利己的愛の精神によって引き起こされる悲劇なのである。

5.子供の頃は、何も考えずにでも、それでやってこれたが、いざ、大人に成って、まともに現実と自分が向き合い、等身大の自分に気づくとき、今まで楽に過ごせた分、現実は鬼の様に、気絶するくらい、厳しいものとなって、襲いかかってくるのである。私にとって、日々の暮らしは、苦しさの余り、まさに呆然とした感覚で、やっと生きている感じである。

高田義裕の人生論

今日の箴言

この世界は、善と悪というただ2つの要素だけで説明がつくほど、単純で簡単なものではないこと。すなわち、この世界には、善でもなければ、悪でもない事柄が無数に存在すること。

2.本音の言えないこの世の中とは、まとも(正常)な世の中なのだろうか。

3.会社の人間関係において、あなたにとって、苦手意識を感じる相手は、実はあなたに好意を抱いている。逆に、あなたが好意を感じている相手は、あなたのことを快く感じていない。

高田義裕の人生論

今日の箴言

究極にまで、下にならなければ、どうして究極にまで上になれるであろうか。究極にまで怯えたり、怖い思いをしなければ、どうして究極にまで勇気があって強くなれるであろうか。究極にまで恥をかかなければ、どうして究極にまで立派な者になれるであろうか。究極にまで、悪くならなければ、どうして究極にまで、良くなれるであろうか。究極にまで、苦しまなければ、どうして究極にまで、幸福になれるであろうか。よって私達は、中途半端に下であり、中途半端に上であり、中途半端に勇気があり、中途半端に強く、中途半端に立派であり、中途半端に悪くて、中途半端に良く、中途半端に幸福で、中途半端に不幸であり、中途半端に苦しくて、中途半端に楽なのである。要するに、私達は凡人なのであり、本当の幸福とは何かを知らないのである。

2.何事も、苦しみが心地良さに変わるまで、その苦しみと戦っていきなさい。

3.敵のいない生き方など、どんな人生であろうか。はっきりとした敵のいない者には、また、はっきりとした味方もいないのである。人は、常に張りのある、適度の緊張感を持って生きて行くべきなのである。

 

 

高田義裕の人生論

今日の箴言

人は皆、自分に不足している所、不完全さを、埋め合わせたり、捨てることに努力するのでは決してなく、あくまでも、それを、ただ、ありのままに受け入れる、もしくは、受けとめる勇気と素直さを培う努力をすべきなのである。よって、人の生き方とは、常に上を目指し、自分の欠点を取り除き、良い者になる、というやり方が人の生き方では決してないということである。むしろ、自分の欠点や不完全さを十分に認識し、それと共に共存してやっていける道を模索して行くことなのであり、自分の限界を知り、それに応じてやっていくことが、はるかに現実的で正しい方法なのである。例えば、ある病を抱えている患者が、自分の大金を叩いて、いろんな治療法を試しても、病は全く治らず、遂には、怪しげな治療法にまで手を出し、余計に持病が重くなるのと同様である。人は、そのような不確かで雲をつかむような、奇跡を期待するべきではなく、むしろ、持病と闘い続け、持病を治すという態度を捨て、上手に持病と共に付き合って行くことのほうが現実的で正しいことなのである。よって、すべての人が、いずれは良い基準にまで到達するべきであるという理想論的な考え方は間違っているのである。

2.人間はまず、父親(母親)であるより、夫(妻)であり、夫(妻)であるより、男(女)であり、男(女)であるより、一人の人でなければならないのである。

高田義裕の人生論

今日の箴言

あれも無い、これも無い、と無いものを数えていくのでは無く、あれもある、これもある、とあるものを数えていきなさい。そして、今あるもので、満足しなさい。これこそ、幸福の秘訣である。

2.何事も最後まで、待つことが肝心である。ある二人が、喫茶店で待ち合わせをすることになった。二人とも、喫茶店に向かう途中、偶然、同じ道路で車の渋滞に会った。一人は、もう一人より前の方にいた。しかし、長い渋滞に痺れを切らして、前方にいた人が、その道を出て、別のルートから行くことにした。そして、10分後に待ち合わせの喫茶店に着いた。すると、驚いたことに、渋滞で自分より後ろにいた相手の方が先に到着していた。それで、どうして自分より早く着いたのか尋ねた。すると、彼は言った。私はずっと待っていたが、他の車達が皆痺れを切らしてどんどん渋滞を避けて、道路から外れて行った。すると、渋滞が緩和されて、すんなり進むことができたのだ、と。このように、最後まで辛抱することが、知恵の道である。このようにして、最初の者が最後になり、最後の者が最初になるからである。

高田義裕の人生論

今日の箴言

なんたることか。私は今まで、より得よう得ようと、苦しみながら、必死でやって来たのに、むしろ、真実は、何も得ないことが、すべてを得ることであったという事実である。

2.ハンディキャップをむしろ、そのハンディキャップのゆえに、全くのプラスに変えること。

3.およそ、この世界に、深刻に考えなければならないことなど、初めから一つとして存在しないこと。

4.人は、なぜ、ともすれば、知らず知らずのうちに、他の人に対して、批判的になり、義人のつもりになり、互いの足を引っ張り合おうとし、かつ、他の人を利己的に利用しがちになるのだろう。

5.話すばかりがすべてではないこと。ただ黙するということも、大切な場合があること。

6.人は皆、将来を知りたがるが、人間にとって、その先が手に取るように見え、分かるということは、実は物凄く恐ろしいことだということである。古今東西、成されたすべての偉業は、まだ先が見えないゆえに、恐れも知らない冒険心と、希望とによって、成されて来たということであり、人は既に見えているものに対して希望は抱かないのである。

高田義裕の人生論

今日の箴言

ある幸福な人がいた。彼の生活は、貧しくて質素なものだった。それである人が不思議に思って、なぜ幸福なのか尋ねた。すると彼は言った。私は自分の限界をよく知っている。だから、欲張って、無理をすることも無いし、他の人と比べて自分は劣っている、と思うこともない。すなわち、自分のことをよくわきまえているから、不満に思うことが無い。だから、毎日、余裕を持って、無駄なく生きている。よって、生きることが苦痛で無いのだと。また、ある不幸な人がいた。彼の生活は、裕福で豪華なものだった。それである人が不思議に思って、なぜ不幸なのか尋ねた。すると彼は言った。私は自分には、まだまだ可能性があると信じている。だから、今よりも、もっと良くなりたいから、無理をしてでも頑張っている。あれも手に入れたいし、これも実現したい。だから、今の状態のままでは満足できていない。また、他の人と自分を比べて、自分は常に劣っていると感じて、決して負けたくない。今の自分は、自分の理想からは、程遠くて、不満の内に生きている。だから、毎日が目まぐるしく忙しい。それで、精神的にも、肉体的にも疲れており、ストレスが溜まっている。それでたまに、生きるのが嫌に感じることがあると。それで、二人の事を聞いた人は思った。人は、貧しくとも、幸せに生きられるし、また人は、裕福でも、幸福にはなれないのだと。何と幸福とは、単純には、計り知れないものなのであろうか。この世界は、多様性で満ちているのである。

高田義裕の人生論

今日の箴言

神の裁き(ハルマゲドン)の近い今日、神に対する私達の犠牲は、物質的な宝ではなく、あくまでも、私達の心の犠牲にこそあること。このような意味で、私達の硬くこびり付いて、石膏のような、頑なな心を砕き、打ち、こね、裂いて、神に対して従順さを示さなければならないのである。

2.何も特別な教育方法など無いし、また、必要無いこと。ただ、親自身が立派な行いを自分自身の為に、自分の栄光の為ではなく、周りを全く気にせずに行えば、子もまた、立派な行いを自分自身の栄光の為ではなく、周りを全く気にせずに行うようになるのである。しかし、親が不実な行いをしていれば、子もまた、不実な行いをするようになるということである。

3.すべてに対して、行動する為の判断の要であり、要点とは、何事もまず、自分が他の人に対して、して欲しいと思う程度の事柄を、自分の方から先に他の人にしてあげるようにすること、何事も、他の人の立場と気持ちに立って考える想像力を培うこと、すなわち、隣人を自分自身のように考え、そして愛すること、これらこそが、あらゆるすべての基であり、すべての初めであるという事である。

4.神に全く従うということは、たとえ、どんな状況に陥られようと、神を自分の尺度で測らないということを意味しているのである。

5.たとえ、他の人々のことをどんなに良く見え、かつ、羨ましく思っても、自分はあくまでも、自分でしか無く、よって、自分は自分なりの、自分だけの工夫によって、生きていき、やって行くしかないのである。

高田義裕の人生論

今日の箴言

誰かが楽をすれば、誰かがそのツケを払わされる事になる。これはどういうことかというと、この世界では人間の数は有限であり、無限に人がいるわけではない。ならば、仕事をしている人の人口は更に限られる。例えば、ここで100人の人がいるとしよう。そして、仕事の量も100件あり、それの賃金の総額も100万円あるとする。まず、誰かが仕事を受注し、10人の人間が90万円を仕事もせずにピンハネするとする。すると、1人につき、90000円を受け取ることになる。後は10万円しかない。これを残りの90人が享受することになる。仕事の量は変わらず100件ある。ここで、40人がまたピンハネをし、90000円を受け取った。90000円を40で割ると2250円である。すると後、1万円しかない。しかし、仕事の件数は100件のままである。すると、残りの50人が100件の仕事を10000円でこなさなければならなくなる。仕事100件を50人で割って、1人が2件分の仕事をしなければならなくなり、その賃金は、10000円を50で割って、200円になってしまう。そう、上の富裕層は何の仕事もしないで、1人90000円も稼いだ。そして、そのミドル層も何もしないで、1人2250円を稼いだ。それに対し、一番末端の貧困層は、1人で2倍の仕事をこなして、1件の仕事の賃金を僅か100円で請け負うことになるのである。これの拡大版が、この世界のメカニズムであり、システムなのである。これで、いかに世の中が不平等で、不公正であるかが良く理解できるだろう。すなわち、まともに働いているのは、私達庶民であり、それも物凄い低賃金でこき使われているのである。これでは食べていけないし、過労で病気になって死んでしまう。要するに、上層部の支配層が楽をしている分を、私達庶民が苦しんで支えているのである。これこそ、金という不義なる存在の正体である。要するに、金の価値は、貧困層の過重労働によって支えられているのである。

高田義裕の人生論

今日の箴言

セックスする時だけしか心を開けない、もしくは、それしか二人の共通点のない男女は、互いに結婚相手としては、決してふさわしくないこと。

2.本来、今日という日を、一生懸命生き抜いた者のためだけに、明日という日があること。

3.愛してくれる、または、愛する人がいなくて、自分一人しかいない状態など、もはや、何の意味も成さないように、神という生みの親を失った人類に、もはや何の意味もないという事である。

4.なぜ、占いは当たるのか。それは占いとは、統計学と確率の所産であるということである。生命保険も、統計学的に計算すると、ちゃんと儲けられる仕組みになっているのである。すなわち、私達は日頃、どんなに勝手気ままに、自由に行動しているように思っていても、本質的には、塀の中の広い檻の中で動き回っているだけであり、実際には、あくまでも、統計学の予測できる範疇でしか行動していないのである。だから占いは良く当たるのである。