高田義裕の人生論

今日の箴言

ある人は言った。私はただの紙切れで人を殺すことができる。それを聞いた人達は皆あざ笑ってそんなことができるはずがないと言った。それに対して彼は言った。あなた方は皆、毎日ひどい思いをして働いているのではないですか。それは何のためですか。お金を手に入れるためです。あなた方はそのお金という単なる紙切れでできたものを得るために毎日残業をし、体と精神をすり減らして仕事のせいで病気になったり、働き過ぎで死んでしまうこともあるのです。そんな紙切れよりも人間の方が遥かに価値があるのではないですか。ところが実際にはその貨幣というもののためにそれより価値のある人間が奴隷の様に扱われ、使い捨てされているのです。何と本末転倒で理不尽なことではありませんか。これこそが私が紙切れで人を殺すことができると言う理由です。

高田義裕の人生論

こんにちは。初めまして。私は命の書の著者でもある作家の高田義裕と言います。今日からいろいろな視点で私達の人生について語っていこうと思います。私の文章の特徴は、短いのもあれば長いのもある箴言集的形式です。それでは今日第1回目の箴言をご紹介しましょう。

1,よく人は、他人の悪口を言う。それも自分より優れた人に対する悪口ならまだ良いが、決まって自分より劣った者や自分より愚かな者に対する侮蔑の批判である。これは一種の自己顕示的行動であろう。人は自分より下だと思っている人をけなすことによって自分はそうじゃないと自分に言い聞かせ、偽善的な優越感を得たいのである。しかしあなたはそうであってはならない。なぜなら彼はあなたにとって脅威となるようなライバルでは決してないからである。その意味で彼は決してあなたの敵ではないのであり、あなたを落としめる人間では無い意味においてむしろ味方であるからである。あなたにとって一番怖いのは自分より仕事のできる人間であり、あなたの存在を脅やかすライバルではないだろうか。まさに彼らこそあなたの敵なのであり、決してあなたより能力が低いと思っている人に対する悪口を言ってはいけないのである。今あなたのなすべきことは、自分より上だと思っている相手に対して批判できるほどになるまで努力し、彼に追いつき、そして追い越すことにあるのである。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !