高田義裕の人生論

今日の格言

人間、社会人となって大人の世界を知るようになると、自分の事を本当に愛してくれる人など1人もいない事が分かる。仕事上の人間関係も表面的には仲良くやっていても、誰も自分の本心を見せる人はいないし、本当に心許せる人もいない。そこで人はようやく理解するのだ。自分を本当に愛してくれていたのは両親や家族だけだったと。そして何よりも大事な事は、自分を愛せるのは自分1人しかいない事も。結局人間の本質は孤独なものであり、本当の悲しみや苦しみを癒せるのは自分1人しかいない事も。であるから、人は自分自身を大切にしなければならない。たとえどんな問題が起きようとも自分を信じ続けるのである。なぜなら神ご自身があなたが生まれる前からあなたに生きていける為の能力をそれぞれに与えておられるからである。あなたが生まれつき当たり前のように持っている様々な能力こそ、神があなたにお与えになったものである。すなわち神を信じるという事は自分自身を信じる事である。各人には各人独特の時間的リズム、すなわち自分のペースを持っているからである。このペースを乱されるとどんな事をやっても上手くいかない。要するに人生を上手く生きている人は他の人からの様々な外圧を受けても決して自分のペースを乱さないという心の訓練が出来た人なのである。何事をするにも慌ててはいけない。どんなに仕事に熟練した人であっても、慌ててしまっては本来の自分の能力を出せないのである。よって自分のペースを乱してくる様な人物には特に用心せよ。その様な人は本来あなたとの心の波長が合わない人であり、あなたにとって苦手であり、相性の悪い相手だからである。どこに行っても自分にとって相性の合わない苦手な人はいるから、それは学校でも職場でも同じ事である。まず大事な事は周りの人達をよく観察して一人一人の心の傾向、すなわちどんなタイプの人かをよくよくわきまえる事である。孫氏の兵法にもある様に、相手を知り、己を知れば百戦危うからず、なのである。そのためには経験を積んで、自分という人間がどういう人間かをきちっとわきまえる事が大事である。私達にとって日常生活を送る事は人生の戦いそのものであるから、相手をよく知り、自分の弱い部分を常に意識して相手にその弱い間合いに入らせない様に気をつければ、人生を平らに進む事が出来るのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です