高田義裕の人生論

今日の格言

民主主義の共産主義化

民主主義は自由だって? とんでも無い。単にそれは表面的に言論の自由があるだけで、実際の社会体制はガチガチのしがらみだらけの既得権益層がしっかり我々を縛っている。なぜそうなるかと言うと、例えばハウスメーカーがあるとして、そこには実際に家を作る大工が在籍しているわけであるが、実際に家を作るのは大工だから、ものすごく威張っている。しかし、大工の腕は確かでも、彼には営業力が無い。すなわち職人気質ではあるが、お客を取ってくる接客業には向いていないのである。だから、どこかのハウスメーカーに身を置く事になるのである。政治も一緒だ。実際に政治を運営しているのは、官僚達である。しかし、彼らは事務能力はあっても、営業力が無い。すなわち、有権者を引っぱってくる様な接客業には向いていないのである。それで、表向きに営業力のある、接客業には自信がある、いわば、ハウスメーカーの顔とも言うべき、営業マンが必要となってくる。政治で言えば、政治家達である。彼らはその見た目の感じの良さや口のうまさで、ハウスメーカーの営業マンの様に有権者というお金を払ってくれるお客を連れてくるのである。しかしそこまでで、政治家には対人力があるが、実際に家を作る技量や能力は無い。これと同じく、政治家は有権者というお客を連れてくるだけでその役割を終えると、後の政治の難しい舵取りの方は官僚達に変わってもらうしかない。すなわち我々国民が自由なのは、政治家という表向きの看板を新調するだけに過ぎないのである。どれだけ政治家を選んでも、すなわち、どれだけ表の看板を新調しても、店の本体自体は全く変わらないのである。すなわち、政治権力を駆使する官僚達はいつまで経っても同じ者達ばかりであり、政治家が変わっても、決して彼らの政治方針は変わらないのである。すなわち民主主義は羊の皮をかむったオオカミのようなもので、表向きは、自由を掲げているけれども、実質は独裁政権に過ぎないのである。これは前面に独裁色を掲げている共産主義よりも自分達をさも共産主義とは違う自由を与える天使の様にカモフラージュしている分、遥かに悪質でタチが悪いと言えよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です