高田義裕の人生論

今日の格言

西暦2058年、人類は生身の人間との会話や話し合いを自分の力でできなくなっていた。全人類は極度の対人恐怖症を患っており、会話するときも人工知能に代替えさせて行っていた。口論や論争はすべて各々の人工知能がその真偽を取り扱っていた。同じく西暦2050年にはクローン人間製造法が成立し、誰でも自分のクローン人間を作る事が許された。人々は他の誰とも交友を持たず、何かをする時は自分のクローンと一緒に行った。なぜこのような事になってしまったのか。なぜなら最初は人類は生身の人間と会話や話し合いをしていたのだが、お互いがものすごく短気になっており、ちょっとした事だけでもめ事になり、それが原因で殺人事件が絶えなくなったのだ。よって人は会話する時は人工知能のロボットと会話する様になった。生身の人間と会話する事よりも人工知能と会話する方が自分の意見に決して反論しないため、生身の人間と会話するよりも心が癒されたのである。また人々はバーチャル世界でのみとしか他の人間と交友しなくなった。人々は一日中こん睡しており、脳内の仮想空間の中の自分に理想的なキャラクターを選択し、脳内のバーチャル世界で仕事をし、遊び、互いの選んだキャラクター同士で理想的な環境を疑似体験していた。そしてそれでも生身の人間同士で会話や話し合いをできる能力がある者は成功者と呼ばれ、それができる人は超富裕層として君臨し人々を支配していた。どうであろう。現在の私達の世の中も次第にこの様な状態になっていないだろうか。人々は人間関係を嫌い、スマホばかり見ているし、人間関係もギスギスしていてちょっとした事でもめ事になり、それによる殺人事件が増えていないだろうか。また自分がフラれて傷つく事を恐れて好きな異性に声をかける事も出来ない精神的にナイーブな若者たちが増えてきていないだろうか。昨今の若者たちは恋愛する事も分からず、結婚しなくなってきているし、結婚してもちょっとした相手の言動に腹を立てて離婚する人が多くなっているのではないだろうか。そう、現代人は皆、人間関係を面倒くさいもの、自分が傷つきたくないから嫌なものとして遠ざける様になっており、1人でいる事の方を好きになってきているのである。すなわち、人間自体が対人力、コミュニケーション力を急速に失ってきているのである。このまま行くと、前半で述べた異常な仮想空間社会が近いうちに誕生する事も否定出来ないのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です