高田義裕の人生論

今日の格言

人間にとって正しいことが必ずしも人間にとって幸福であるとは限らない。例えば、正しさとは、今、現在の不平等で、不公正という偏りという常識と世界観を覆すことと定義すれば、今、現在の世界体制の根幹を揺るがしている新型コロナウイルスは正しいということになるからである。すなわち、大自然の摂理が新型コロナウイルスを生んだかもしれないからである。すなわち、新型コロナウイルスという疫病が来る前の世界体制の常識という知恵と富はもはや通用しなくなったからである。我々人類は、新型コロナウイルスの出現によって、新たな未知の世界をいわば、強制的に改めなければならなくなったからである。我々人類は今までの安楽で慣れきった世界観からの脱却のために今一度、生き残りを賭けての新しい知恵と価値観を身に付ける必要に迫られているのである。よって我々人類は元の生活にもはや二度と戻れないという真剣な覚悟でもって新しい道を切り開かなければならないのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

正しさの定義

正しさとは何か?それは単に善行を行うことではない。精密に言うならば、それは悪を行うことを習わしにする者が、善行を行えるようになることであり、善行を習わしにする者が悪行を行えるようになることである。もっと、具体的に言えば、精神的に弱い人が精神的に強くなるよう努力することであり、また、逆に、精神的に強い人が精神的に弱くなるよう努力することである。また、思いやりのない人が親切な人間になれるよう努力することであり、また、逆に、親切な人が不親切で思いやりのない人になれるよう努力することである。また、暴力的な人が、温和な人間になれるよう努力することであり、また逆に、温和な人が暴力的な人になれるよう努力することである。よって、これらすべてに共通する概念とは、その人にとって不足しているところを補うことにある。言い換えれば、自分の常識、世界観を覆すことにある。すなわち、自分という狭い世界からの脱却である。しかし、なぜ、我々人間にとって、正しさとは常に一様に単に善行を行うことを意味するのかというと、我々人間はすべて、神に対して罪を犯し、生まれながらにして罪人であるが故に、粗暴であり、不親切であり、悪行者であるからである。よって、我々にとって、温和で親切で善行を行うことは、現在においては正しい、ということに過ぎない。すなわち、正しさとは、あくまでも絶対的な価値観のことではなく、いつまでも、相対的なものであり、これを普遍的で抽象的に表現すれば、正しさとは、今ある状態の反対のことを行うということであり、また、自分に欠けている、すなわち、自分に無いものを取り入れようと苦心することであり、もしくは、自分にとって苦手なことにあえて挑戦し続けることにあるのである。よって、正しいことを行うことには、常に苦痛が伴う。例えば、暴力的な傾向にある社会には、平和であろうとすることが健全な社会なのであり、逆に、すべての人に健全さを要求する社会は、甚だ不健全で、不健康な社会なのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

まず、自分自身が幸せでなければ、他の人を幸せにすることはできない。

他の人々をすべて、自分自身の分身と考えなさい。そうすれば、他のすべての人々に好意を持てるようになるから。たとえ、相手が自分自身にとって苦手な存在であっても。

高田義裕の人生論

今日の格言

神学序説

木を見て、森を見ず。森を見て、木を見ず。

人間1人1人は正しくなければならない。これは、言い換えれば、人間は欲望を抑えて、質素に生きることが最善である、と世間は言う。しかし、この価値観はまさに木を見て森を見ず、である。森という人間社会全体を見る時、すべての人間が一様に同じ価値観、すなわち、正しい人間であるとしたら、人間社会は上手く回らないだろう。これは、言い換えれば、すべての人間が欲望を抑えて、質素に生活すれば、社会全体はすべては貧しくなり、経済は盛いを失って、経済は立ち行かないのである。森という、マクロな視点で言えば、多様性こそが正しいのであり、贅沢が好きで、無駄遣いをしてくれる欲望の強い富裕層がお金を落としてくれるからこそ、社会経済は成り立ち、人は生きて行けるのである。よって、人間個人というミクロな視点、すなわち、一つの木を見た場合、人間1人1人は正しくなければならないが、今一度、視点を移し、マクロな視点、すなわち、森を見た場合、人間社会全体は、正しい人間もいれば、悪い人もいて、当然なのであり、いろんな価値観を持った人々がいるお陰で成り立っているのである。すなわち、多様性こそ、正しいのである。よって、我々の目は、木を見て、同時に森を見ることはできない。すなわち、言い換えれば、観察する対象を顕微鏡で見ながら、同時に望遠鏡で見ることはできないのである。すなわち、全体と部分を同時に見ることはできないということである。よって、人間にとって、人間は常に正しくなければならないということは、絶対的価値観[真理]ではないのである。すなわち、人間にとって、絶対的価値観、もしくは、絶対的存在[神]を追い求めること自体が悪[間違い]なのである。よって、神を信じる者もいれば、神を信じない者もいるのが当然であり、健全なのである。よって、正しい意見には必ず反対意見が存在しなければ、健全とは言えないということである。

高田義裕の人生論

今日の格言

新貨幣論

世界中にある様々な国々の貨幣の中で、どれが一番安心できる通貨だろうか?例えば、現在、人類は78億人いるとしよう。そして、その中にあなたという1人の人間がいる。仮にあなたの名前をジョンとしよう。あなたはそれだけでジョンという立派な通貨である。しかし、世界中にたくさんいる人々の中であなたというジョンは1人しかいない。すなわち、ジョン貨幣を使えるのはあなたしかいないということだ。これではあまりにも個人的でローカルな通貨に過ぎない。しかしあなたは日頃からまじめに働いて、次第に周りの人々から信頼を得るようになった。それで、周りの人々はあなたを信用してジョン貨幣を買ってくれるようになった。しかし、ある時、ライバルであるあなたより影響力のあるスミス氏が現れた。あなたのジョン貨幣は10人の人に買われていたいたのに対し、スミス貨幣は100人の人に買われていた。すると、どちらの方がよりメジャーであり、信用できるかというと、残念ながら、スミス氏の方になる。なぜなら、単純にスミス貨幣の方がジョン貨幣よりも数が多いからである。しかし、さらに、スミス氏よりトップインフルエンサーであるマイケルが現れた。なんと、マイケル貨幣を持っている人の数は10000人もいたのである。これでお分かりだろう。貨幣の価値、すなわち、信用度の高さは、その通貨を利用している人間の数の多さで決まるということである。この世界で一番多くの人が利用している通貨はドルである。よって、通貨の信用度は、通貨の使用量の多さに比例する。よって、結論として、今もまたこの先も一番安心できる通貨はドルということになる。よって、すべての国々の人はいつ襲うか分からない大恐慌に備えて、一番、世界中で流通しているドル貨幣をいざという時のために保有しておくと良いだろう。

高田義裕の人生論

今日の格言

善人と悪人のジレンマ

善人になればなるほど、悪人になりやすく、悪人であればあるほど、善人になりやすい。これはどういうことか。例えば、人が善人であるという評判が高ければ高いほど、正直に振る舞うことは難しくなり、悪人であるという評判が高ければ高いほど、正直に振る舞うことはたやすい。例を挙げよう。ある人は日頃から親切な人で知られ、悪から離れ、まじめであり、日々、清い生活を送っていた。それで人々からは称賛を受け、評判もすこぶる良く、絶大な信頼を得ていた。しかし、ある時、その人が常日頃、仕事をまじめに行っている故に、日頃の疲れが溜まり、つい、仕事上でミスを犯してしまった。幸い、誰もそれを見ていなかった。そして、本来なら、自分がミスを犯したことを自分の上司に正直に報告しなければならなかった。しかし彼は、日頃の自分が人々から称賛されている評判が傷つくことを恐れ、正直に上司に報告することをしなかった。しかし、ある日、上司がたまたま彼の作業場に来ると、そのミスに気付いた。それで、善人にそのことを問いただすと、彼はしぶしぶ自分のミスを認め、謝罪した。そして、そのことが多くの人に知られるようになり、そのことを知った人々は彼に対して幻滅し、多くの人の信頼を失った。さて、変わって、ある人は日頃から悪人であることで知られ、常日頃から不誠実で不真面目であり、日々、悪行を犯していたので、人々から忌み嫌われ、評判も悪かった。しかし、ある時、その人が不真面目に仕事を行っている故に、それが原因で怪我をした。それで、悪人はその怪我に懲りて、自分の悪行を悔い改めた。すると、そのことが多くの人に知られるようになり、人々は彼が悪行を悔い改めたことで非常に驚き、彼に対して称賛の声が多く挙がった。このように、善人はちょっとしたミスで悪人扱いされるし、このように、悪人はちょっとした善行で善人扱いされてしまうのである。すなわち、この意味で、善人は悪人になりやすく、悪人は善人になりやすいのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

まじめであることの息苦しさ

人間は罪を犯したい存在である。人間=罪を犯したい、と定義すれば、日頃、罪を犯す者は当たり前であり、日頃、罪を犯さない者は異常だということになる。すなわち、日頃、罪を犯さない人達は、皆、罪を犯したい欲望を我慢しているということが露呈される。これは、例えれば、溶岩を溜め込んだ火山の様であり、いつ大噴火、すなわち、重大な罪を犯しても不思議ではない状態である。人は禁止されればされるほど、それを破りたくなるのであり、してはいけないことをするほど、気分がスカッとし、ストレスが発散されるのである。人はまじめであることにストレスを感じる。まじめに振る舞うことに息苦しさを感じ、生き辛さを覚えるのである。よって、日頃、まじめ過ぎる人ほど、ある日、突然、大きな罪を犯す確率は高い。人がまじめさを保つのは、大変な労力を要するのであり、私達は他の人がまじめに振る舞うことを、日頃、当たり前に思っていないか?それは甚だ見当違いなことなのである。むしろ、他の人のまじめな振る舞いを、日頃から褒めるべきであり、場合によっては、報酬を与えるべきである。よって人は、日頃、まじめに振る舞うことによって生じるストレスを何かしらの形で発散させなければならない。なぜなら、それによって、人が常日頃、まじめな態度を保つためのモチベーションに繋がるからである。まじめであることが当たり前の社会は、むしろ、異常であり、すべての人に常に笑顔と品の良いマナーを当たり前のように要求する社会は、感情労働を無意識に強いる強制労働社会であり、人間の自由意識を搾取する不健全で、甚だ、不健康な社会なのである。誰でも、本音を言えば、男女の区別なく、かって気ままに振る舞いたいし、いろんな欲望を満たしたいし、いろんな異性とセックスを楽しみたいし、特に男性に関しては、ポルノビデオを見たい。すなわち、まじめさを要求される職業に就く人ほど、そうでない人達よりもストレスを溜め込んでおり、アブノーマルな性犯罪や欲望の衝動に駈られている。例えば、警察官や教師や医師や聖職者という模範的立場にいる人ほど、アブノーマルな欲求を抱きやすい。よって、私達はある悪い習慣を克服したと考えているなら、私達はいまだにそれを克服すべきほどにも克服してはいません。よって、我々は死ぬまで、あらゆる誘惑、もしくは、ギャンブル依存性、アルコール依存性、セックス依存性、ポルノ依存性、ドラッグ依存性、買い物依存性と戦い続けなければならないのである。よって、人は他の人の抱えている問題は自分たちと同じものなのだ、と考えて、自分の心を広げ、他の人を思いやる点で自分の心の寛容さの許容範囲を拡張しなければならないのであり、自分を他の人と比べて、優劣を競う対抗心を辞め、むしろ、互いの罪を告白し合う点で率先し、互いに心の本音をたやすく言い合える環境を作りあげていかなければならないのである。これこそが本当の健全で健康な社会の在り方なのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

我々は実在しているのか?

我々の世界は実在しているのか。相対論に基づけば、我々のこの世界が唯一[絶対]なのではない。無限の世界が存在し、我々の世界はその1つに過ぎない。その意味においては、我々の存在は実在とは直接に関与しない。これを相対主義と言う。例えば、Aという直線があるとする。そのA直線上に我々は存在していると考える。しかし、直線は1つではなく、無数に存在するから、我らA直線上の世界以外に、B直線上の世界もあれば、C直線上の世界も同時に並行して存在する。このように同時に並行して存在しているため、A直線上の我々は、B直線上の世界や、C直線上の世界を直に観察することはできない。要するに、観測という行為は、観測する対象が自分たちの観測しようとしている世界より、時間的に遅れているか、それとも、時間的に先に進んでいるかの場合にのみ、観測する対象を観測することができるのである。言い換えれば、我々の目で見えるものは、常に過去のものか、それとも、未来のものかに限定される。私達が宇宙の星が見えるのも、その星の光が幾億年もの昔に輝いたものが今、見えているわけであり、我々の視覚に映る草木や風景も、視覚神経を通して眼球に達するまで時間が経過しており、我々の見る世界は常に数秒過去のものを見ていることになる。よって、量子力学の世界において、極微な電子を観測しようとするとき、光子の光を当てた時、電子の現時点の状態を見ることができない。すなわち、光子を当てる前の電子の状態か、光子を当てた後の電子の状態しか観測できない。これが電子の存在を確率論的にしか予想できない理由なのである。よって、物質の最小単位である電子は実在していることとは直接に関与しない。よって、光は粒子でもなければ、波でもないことが理解できる。逆に言えば、光は粒子でもあれば、波でもあると言うことができる。なぜなら、粒子は我々の世界では、ボールのようなものであり、ボールは現在の位置が分かれば、将来の位置も予測できる性質を持つから、それは多分に未来的であり、波とは、石が水面に落ちた後に起こる現象であるから、それは多分に過去的なのである。それでは、実在とは存在するのであろうか?ここでは実在を真理と置き換えてもよいだろう。果たして真理、すなわち、現時点での本当の値、正確な数値、本当の実在世界は存在するのであろうか?例えば、時刻が狂っている時計があるとする。それが1つだけしかなければ、何の意味もないが、それぞれにすべて時刻が狂っている時計を無限に用意したならどうなるであろうか?そうすれば、その中に必ず時刻の正確な時計が存在することは自明の理である。よって、相対論に基づけば、無限の相対世界が存在するのであるから、その中に必ず、真の実体、すなわち、実在する世界が存在するのは自明の理である。よって、真理はどこかに必ず存在することになる。よって、皮肉なことに、相対的存在が絶対的存在を証明する役割を果たすのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

文明論

人心乱れるとき、天災あり。

人間の文明には寿命がある。古今東西、いろいろな社会体制が生まれては消えていった。絶対王政から共産主義、軍国主義や貴族主義や世襲制、様々な支配体系が試みられ、すべては最後には崩壊していったのである。我々、現時点での社会体制は民主主義であり、資本主義である。それ以前の様々な支配体制はすべて戦争によって終わりを迎えた。そうである、それまで築き上げてきた価値観なり、富や財産、文明の中心地である都市は戦争によって破壊され、すべてはがれきの山となって崩れ落ちたのである。その都度、新しい社会体制はまたゼロから出発してきた。そう、人間の文明は長くもっても半世紀、50年であり、このサイクルが人類史を形作ってきたのである。我々の時代も同じである。民主主義や資本主義ももはや末期的であり、あと数年で崩壊しようとしている。民主主義は衆愚政治と化し、頼れるリーダーの不在を産み、言論の自由により、世の中はいろんな情報で溢れかえっているが、もはやどの情報を信じてよいのか分からなくなっている。資本主義はますます貧富の差の拡大を産み出し、資本主義の貪欲な利益の追求が地球環境を汚染し、その付けが自然災害となって、我々に降りかかっている。世界はまさにパラダイムチェンジのターニングポイントに我々は位置しているのである。私の国、日本も第二次世界大戦の敗戦により、軍国主義が崩壊した。その後、アメリカ合衆国の占領下において、日本は民主主義となり、一時は経済大国として名をはせた時もあった。しかしそれもバブル経済の崩壊により、その繁栄は終わりを迎え、そこから日本経済は急激に縮小し、不景気によるデフレーション経済となり、今に至っている。そうである、戦後、焼け野原から成長し、膨張し続けてきた日本型民主主義体制という資本主義はあと数年で崩壊しようとしているのである。このように我々の住む地球世界は1つの体制がずっと続く状態を許さないのであり、1つの体制がいつまでも富を独占することを拒むのである。これは万物の法則であり、倫理の大原則なのである。日本において、本来なら、優秀な政治家が舵取りをし、これまでの社会体制を全くの逆の方向へ導かなければならないのに、自由民主党という一党独裁が何十年にも渡り、既得権益層と化して、その権益を死ぬまで離そうとしない。一度敷かれてしまったレールはそう簡単には動かすことはできないのである。現代社会においては、昔のように戦争によって現体制を崩壊させることは倫理的にタブーであり、不可能である。そう、日本のこれまで積み上げてきた価値観なり、富や財産を人間の側から変えることは難しいのである。それでは万物の法則である大自然の摂理はどのように対処するのであろうか。そう、人間が変われないなら、自然の力で変えようと働きかけるのである。それこそが天災であり、近年の日本の自然災害の増加に必然的につながっているのである。要するに、人間の1つの文明がまた50年周期の終わりに差し掛かっており、それは大自然の地殻変動という大地震によってひとたび日本を再び昔の焼け野原に変えようとしているのである。よって、日本の大都市である東京に最も人や富や財産、そして既得権益層が集中しているため、大自然の摂理の法則は、首都、東京を標的にして大地震によって現体制を終わらせようとしているのである。まさに今、日本はパラダイムチェンジのターニングポイントのただ中にいるのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

日本の国民よ、早く逃げよ。とてつもない大きな地震がまもなく来る。フィリピンプレートがやばい。南海トラフ大地震である。東京にいる者は早く首都から脱出せよ。あまりにも東京に人と富とが集中し過ぎた。大自然は倫理の法則に従って、このアンバランスを元に戻そうと振り子のように動くから、地震が起きるのである。日本の東日本は沈没し、東京の代わりに大阪が代理の首都となる。最近の日本周辺の小規模地震は南海トラフ大地震の予兆であり、人々に避難を促す警告である。今月の3月中までにそれは起きる。人々よ、今すぐ逃げよ。どうしてあなた達が死んで良いだろうか。