高田義裕の人生論

今日の格言

進化論と神学

愛とは何か?それは聖書にはこう書かれてある。パウロによるコリント人への第一の手紙13章4節[愛は辛抱強く、また親切です。愛はねたまず、自慢せず、思い上がらず、みだりな振る舞いをせず、自分の利を求めず、刺激されても苛立ちません。傷つけられてもそれを根に持たず、不義を歓ばないで真実なことと共に歓びます。すべてのことに耐え、すべてのことを信じ、すべてのことを希望し、すべてのことを忍耐します。]さて、これら愛の定義を要約するとどうなるであろうか。それは、進化論の価値観から言えば、全く不合理であり、ばかばかしく、自分にとって何の益にもならないどころか、すべて、自分を犠牲にする点で、損失することだらけである。誰もばからしくて愛など実践しようと思わないであろう。進化論的価値観は、いかに自分が有利な立場に立ち、損失を避け、いかに多くの利潤を得るかが、最も大切なことである。この点で言えば、人は自分を犠牲にしてまで他の人に親切にすることは、よほど見返りがなければ何もしないだろうし、また、する必要もないであろう。では、なぜ聖書は愛を実践せよ、と言うのであろうか?その根本的理由は、神が存在しておられ、その神は親切に私達を世話しておられ、他の人に親切にすれば、密かに見ておられる神があなたのその無私の親切に対して、必ず良い報いを与えて下さると、信じているからに他ならない。であるから、一見、何の見返りも無いように思える愛でも、神からの報いという利潤があるからこそ、愛を実践できるのであり、それ以外の理由は無いし、かつ、あるべきではないのである。すなわち、進化論も神学も、自らの益のために行うという点では、全く大差ないのである。すなわち、神を信じていない者が愛を実践しないのは正しいことだし、自分は神を信じていると言いながら、愛を実践しない者は神を信じていない者より、悪人なのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

神学序説

イスラエルの聖なる方、唯一にして、全能なる神エホバは私に言われた。私は死んだ偶像の神ではない。まさに私は自分の右腕を伸ばして、私の憐れみを日本国民に与える。それで、その初めとして、私は現代の疫病である、新型コロナウイルスを激減させた。それは人の努力によるものではない。すべては私、エホバの強力な聖なる力によって、そうなったのである。ここで、私は宣言する。私、エホバは人類全体に対して、今日、憐れみを示す。全世界の疫病である新型コロナウイルスは私の聖なる力によって、直ちに終わりに至らせる。これは、すべて、人間の力によるものではない。私、エホバが新型コロナウイルスを激減させることによって、全諸国民が、私、エホバが唯一の神であり、全能者であることを知り、その力の栄光を人間に帰さず、すべての人間がエホバこそ、唯一、まことの神であることを知るためである。

高田義裕の人生論

今日の格言

ある平和主義者は神に尋ねた。なぜ人間は争い続けるのですか?すると、神は答えた。それはまさにあなたの様な人が存在するからだ。すると、その人は不思議に思ってこう言った。どういうことですか?すると、神はこう言われた。理由は実に単純で簡単なことだよ。人間が争うのは、人間は平和とは何かを知らないからだ。人は皆、争いたくて争うのではない。むしろ、人は平和を知らないからこそ、平和を求めて争うからだ。すなわち、あなたの様な無知な人間による無知な質問こそ、戦争を起こすのである。なぜなら、現在から過去までのあらゆるすべての戦争の動機は争いのために争ったものでは決してなく、誰もが皆、平和を得るために戦ったものだからだ。

高田義裕の人生論

今日の格言

善とは何か?

一番最後に残るものこそ、善である。よって、一番最初に繁栄するものこそ、悪である。すなわち、今、現在、栄えているものこそ、悪であり、それらはいずれ消え失せ、跡形も無くなる。しかし、善は今、現在、繁栄していないが、いずれは最後まで残る。

高田義裕の人生論

今日の格言

人の命に優劣はあるか?

人の命に優劣はあるか?それは確かにある。すなわち、人の命を優劣で判断したがる人間が一番劣っており、また、人の命に優劣を付けない人が最も優れた人である。

高田義裕の人生論

今日の格言

過ちには、常に一瞬の快楽が伴う。よって人々はこぞってそのはかなき一瞬の快楽を求めてさ迷い、過ちを積み重ねるのである。また、善行には常に苦痛が伴う。しかし、その試練を越えたところには、永遠でとこしえの喜びが待っている。その喜びに比べれば、どんな試練もつかの間で軽いものであることを知るであろう。よって、多くの人は過ちを繰り返し、善行を行う者は数少ないのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

悪人の定義

悪人とは誰のことか?それは口では立派なことを言っていても、実際には自分の言った事柄を行っていない人間のことである。すなわち、実行力の伴わない人のことを言う。例えば、私は他の人に親切を行うと言いながら、実際には親切を行っていない人のことである。まさにその人こそ、悪人である。よって、その人から比べれば、何も立派なことを言わない代わりに何も実行しない人の方がより善人である。要するに、自分の言ったことに責任を負わない者は皆、悪いのである。それにより、我々は誰しも、口先では良いことを言っていても、実行力がないから、我々は皆、悪人なのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

倫理学序説

倫理の絶対条件

1.悪いことほど、魅力的に見える。

2.良いことほど、退屈なものに思える。