高田義裕の人生論

今日の格言

今から39年前にアメリカで制作された反核戦争映画、The day after [1983年制作、アメリカ]が現実になろうとしている。私がこの映画を見たのは、小学校6年の12歳の時だった。当時はアメリカとロシアの冷戦時代だった。私はこの映画を観て、核戦争の恐ろしさで身が震えたものだった。しかし、39年後の現在、西暦2022年3月未明において、その恐怖はまさに現実のものになろうとしている。アメリカ本土に核爆弾が投下されるこの映画は、まさに、現在の新たなアメリカとロシアと中国間の冷戦時代を予兆するものであったのだ。まさか、自分が51歳のおっさんになっている現時点で再び冷戦時代の始まりが来るとは思ってもみなかった。聖書にある終末がまさに現在の2022年の疫病である新型コロナウイルスの世界規模での蔓延を契機として始まったのである。これから世界は世の終わりに向かって、疫病、戦争、自然災害、地震、食糧不足などの災害が複合的に同時にやって来る大艱難に突入するのである。よって、我々クリスチャンは神に対する自分達の信仰を究極にまで試されることになるだろう。聖書のヨハネの黙示録に一回だけ出てくるハルマゲドンはまさに現在進行形で始まったばかりなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です