高田義裕の人生論

今日の格言

ウクライナの皆さん、本当に気の毒な事です。ロシア軍によって、壊滅的な打撃を受け、食糧や水に事欠いていると聞いています。特にウクライナの都市マリウポリに現在は、ロシア軍の攻撃が激化していると聞いています。あるマリウポリの男性の方で、都民のために、命懸けで水や食糧をかき集めて努力をしておられる方が言っておられました。ウクライナのために神に祈っても無駄であり、それより、実際的に水と食糧を支援してください、とのことでした。しかし、私はそれでも、あえて、全能の神エホバに祈ります。神よ、どうかウクライナの人々の苦境を思いやってください。彼らに全世界におられる神を信じる方達からの実際的な食糧支援と水の支援が届きますように。特に今、激戦区になっているマリウポリの全都民と全兄弟姉妹達に対して、実際的な形で水と食糧が供給されますように。彼らに神に祈っても無駄であると思わせないでください。それで喜ぶのは、神への信仰を捨てさせようとする悪魔サタンの思うつぼです。むしろ、ウクライナの人々があなた、エホバ神からの実際的援助を得て、彼らが神エホバの御名を賛美できますように。マリウポリでは、餓死者が出て、自分達の可愛がっていたペットさえ食べたり、くぼみに溜まった汚水さえ飲んでいると聞いています。なんとむごいことでしょう。ぜひ、彼らをロシア軍の検問所からなんとかすり抜けて、苦しんでいる民間人のもとへ食糧と水が届きますように。また、この機会を通して、彼らだけでなく、全世界であらゆる苦しみを受けている難民やすべての人々にあなた、エホバ神からの援助がありますように。これらの切実な祈りを、御子イエスキリストの御名を通して、あなた、神エホバにお捧げ致します。ア-メン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です