高田義裕の人生論

今日の格言

倫理学序説

真の権威とは何か?それは同胞を殺すことである。例えば、ネズミが同胞であるネズミを殺すことはないし、またそれは許されない。ネズミを殺して食うものは、常にネズミより上位な存在である猫であり、鷹であり、ライオンである。これは言い換えれば、猫や鷹やライオンはネズミを殺す権威を持っているということである。よって、人間にとって、同胞の人間を殺すことを正当化できる、いかなる正義もいかなる偉大な思想も持ってはいない。よって、真の正義とは、正義のために正義を犠牲にしないことである。すなわち、人の命を救うために人の命を犠牲にしないことである。それでは人を殺す権威を持っているのは誰か?それは神である。なぜなら、神は人間より遥かに上位な存在であるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です