高田義裕の人生論

今日の格言

政治学

集積と発散

人類の歴史は乱世の歴史であった。有力な者達が全世界を支配しようと互いに戦い続け、帝国を造り、そして滅んで行った。それら英雄達の目標は、中央集権国家の樹立であった。すなわち、民衆達に対する権力を一ヵ所に集中させることだった。なぜ、そのようなことが必要だったのか?それは、この無秩序な無法地帯を1つの秩序ある平和な人類社会を実現するためであった。そう、この有象無象の人類を1つにまとめることが権力者達の目標であり、悲願だったからである。人々が好き勝手にばらばらに行動すると、あちこちで争いが生じ、治安も悪くなり、社会は大混乱に陥る。よって、この乱世の世を1つに統治しようとする権力の集中化がどうしても必要不可欠であったのである。人間には、多数の人々をまとめる力のあるリーダーが必要であり、それこそが、人類平和のカギを握っていたからである。しかし、権力の一極集中は1つの大きな弊害をも生んだ。それは、都市国家を形成し、地方の過疎化と大都市の過密化である。都市に富の大半が集中し、都市から遠く離れた地方は貧困化し、いずれは地方部族の不満と怒りが蓄積し、最後には反乱に発展した。これは現代の会社の例えで言えば、現場のことを、いちいち上層部へ指示を仰がなければ、何もできない日本の会社と似ている。しかし、現場のことを一番よく知っているのは、実際に現場で働いている人間なのであり、涼しい豪華な部屋であぐらをかいてペルシャ猫を撫でながら、上等なワインを飲んでいる現場のことを何も知らない上層部ではないのである。こんな会社はいずれ、潰れるのであり、そうしないためには、現場の人間が現場のことを取り仕切る権威を与えられてしかるべきである。古今東西、すべての帝国が衰退し、滅んで行ったのは、権力の集中により、末端の人々の現状を全く知らないで、たいそう裕福な権力者が全く見当違いな指示を下すことによる混乱であり、民衆による反乱が原因であった。そう、すべては権力者の貴族化であり、貴族政治にあったのである。このように、世の中をまとめる点において、権力の一極集中は非常に有益であるが、ある程度、社会がまとまりを見せ、安定していくにつれて、権力の一極集中は、貧富の差を増大させる害悪でしかなくなるのである。すなわち、政治の本質とは、権力の集積と発散の周期の繰り返しに他ならない。すなわち、正しい政治の在り方とは、富と権力の集中期間を50年とし、その後は、富と権力の分散期間を50年とする、周期性に変えねばならないということである。すなわち、大きな政府から、小さな政府による転換である。しかし、現実は、富と権力の一極集中化による既得権益層が富をいつまでも独占したいがために、中央集権国家をいつまでもだらだらと続けるから、すべての国家は必ず衰退して行くのである。現在の日本も正にその状態にあり、東京という大都市による富と権力の一極集中を止めず、地方にもっと、権限や富を分散しないことにより、弊害が生じ、その結果、賃金はいつまで経っても上がらず、日本社会は衰退し、日本銀行はゼロ金利を続けざるをえなくなっている。そのため、海外の投資家達は当然、儲からない円を捨てて、金利の高いドルを買う動きに出るのであり、それにより、円安となり、円の価値はますます下がって行くのである。いずれ日本国家は、デフォルトし、過去の帝国のように滅亡する運命を辿るのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

答えを求めてはならない。

我々は常に答えを求めている。最高の人生とは何か?最善とは何か?最も効率の良いやり方は何か?どうすればもっと儲かるか?すなわち、我々は常に正解という終着点を追い求めているのである。我々は各々、自分の人生の最高を求めて必死に働き、苦しみもがく。全人類の歴史もそうであった。人類は自分達の真の居場所、もしくは帰るべきホームを求め、もがき苦しみ、戦い続けてきた。それでも得られません。私達はもがき続け、戦い続けます。最高の自分になりたい。最高のパートナーと巡り会いたい。これこそ、人類の大きな歯車を回す原動力であり、個人個人のモチベーションを保つ唯一のエネルギーであり、本能であり、欲望であることを。例えば、科学者達はこぞって物質の最小の単位を求めている。何が存在の究極の形であり、原因であるかと。では、素粒子は最小であり、全物質を成り立たせている究極の答えなのか?いや、決してそうではない。素粒子の先にはもっと小さい無限の粒子が存在しているのである。これは追い求めても切りのない永遠のループである。例えば、我々はすべてを知りたいと思い、更なる富を追い求める。そう、すべてのものを自分の場所に集中してかき集めたいのである。では実際にはどうか?ガラスコップに水を溜められるのは、ガラスコップの粒子が世界で一番小さいからではない。それはあくまでも、水の粒子よりガラスの粒子の方が小さいから水を溜めておけるだけのことである。すなわち、それらは、比較した相対的関係を利用した、に過ぎないからである。よって、私達は自分の人生を成功させる近似値は知ることは出来ても、自分の人生を成功させる正解値は知ることはできないのである。すなわち、今、我々が自分の人生において、もがき苦しむ原因ともなっている苦しみを取り除く、はっきりとした解決方法を知ることはできないということである。我々の現実世界は、もっと曖昧模糊としており、はっきりとした右でも左でもない曖昧な座標軸しか示してくれないのである。正にここにこそ、究極の存在である神が必要となってくる必然的理由がある。我々は皆、人生という迷路のただ中にいる。自分の目の前にある壁は、途方もなく高くて大きく、どちらの方向に行けば出口に出られるのか、見当もつかない。しかし、神はそれらより遥かに高い天から迷路を見下ろすことができる。そう、我々の人生という迷宮の答えは神のみぞ知る、ということなのである。よって、全人類は各自すべて、唯一であり、真の神であるエホバに自分の人生の正しいルートを案内してくれるナビゲーターとして、彼に指示を仰ぎ求め続けていかなければならないのである。もし、それをあえて無視して、自分の気持ちの赴くままに進めば、この人生という途方もなく大きくて、複雑な迷路から脱出できなくなるどころか、いつかは必ず行き詰まって、後戻り出来なくなり、永久にさ迷ってしまうことになるのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

神への信仰と強迫観念

神という存在には、常に従順さが求められる。すなわち、神の掟を守り行う事が責務とされる。ここに1つの落とし穴がある。例えば、神を信仰している者は皆、善行を行わなければならないというのは、通例であり、典型的な例である。よってもし、善行を行わなければ、神からの祝福は断たれるというわけだ。よって、信者は神が守り行わなければならない務めを軽視したり、実行しなければ神からの祝福を失ってしまうと感じる。いや、たとえ実行しても、それを形式的に行い、真心が伴っていないと本人が自覚しているなら、その信者は何か後ろめたい気持ちになり、自分が神に対して悪いことをしていると感じ、不安に襲われる。これは正に強迫観念に駆られている証拠である。もし、悪いことが自分の身に起こったならば、それは自分の信仰心が足りないから、自分の身に不幸が襲うのだと思い込み、さらに神に対して負い目を感じ、無理をし、自分を責め、もがき苦しむ。そう、その強迫観念が信者を虜にして信仰中毒に陥るのである。これは神の御意志に調和して行動していた頃の過去の成功体験が大きければ大きいほど、その強迫観念も大きくなるのである。これがカルト宗教の洗脳の恐ろしさである。しかし、ここで勘違いしてはならない。真の神は、あなたが神の掟を守ろうが、守らないだろうが、あなたに懲罰を与えたりは決してしない。真の神はたとえあなたがどれだけ悪い状態にあろうとも、常に分け隔て無くあなたを祝福してくださっているのである。よって、あなたの忠誠心が足りないから、もっと神を信じなさい、とか、神のために、私産をすべて投げ出しなさい、そうすれば救われます、などと言う者達に用心しなさい。彼らは正に羊の皮をかむった狼だからである。正にあなたの弱みや、弱点に付け込んで金品を奪う悪魔の手先達なのである。真の信仰心とはそのようなものではない。しかし、こうも言える。強迫観念に駆られているうちはまだ、ましであると。なぜなら、そこには神に対する良心がまだ残っているからであると。もし、悪いことをしても、神に対して何の負い目も感じないのであれば、それはもはや信者ではなく、悪いことをしても平気な悪人と同じであると。では、本当の信仰心とは何か?それは神を愛することである。神はその様な辛辣な神ではないことを信じる事であり、たとえ、神に対する信仰の故に災いに遭ったとしても、神のせいにはしない、と言う強い決意であり、神はいつでも善良な方であることを信じぬく勇気の事である。正に聖書にこう書かれてある。ヤコブへの手紙1章13節、試練に遭うとき、誰も私は神から試練を受けている、と言ってはなりません。悪い事柄で神が試練に遭うということはありませんし、そのようにして、ご自身が誰かに試練を与えることもないからです。むしろ、各々自分の欲望に引き出されて誘われることにより、試練を受けるのです。

高田義裕の人生論

今日の格言

我々の世界は本当に存在しているのか?

存在しているという事はどういう事なのであろうか?例えば、腕力というものを基準として考えるならば、ジョンソン氏が腕力において、スミス氏には敵わない場合、あくまでも腕力において、スミス氏にとって、ジョンソン氏は存在しないにも等しいであろう。しかし逆に、ジョンソン氏にとって、スミス氏は強力な存在であろう。また、1は0よりも大きいから、0から見れば、1は確かに存在するが、1000にとっては1はあまりにも小さいので、無視できるほどに存在しないと言っても良いだろう。このように、存在すると言えるためには、ある物体に対して、互いに共通な基準という視点が明確でなければならないのである。すなわち、共通な基準という視点、例えば、腕力で言えば、スミス氏はジョンソン氏よりも遥かに存在しているのに対し、基準の視点を全く切り替え、頭の良さという尺度において、ジョンソン氏の方がスミス氏より断然、賢いのであれば、頭の良さという基準では、スミス氏はジョンソン氏よりも遥かに存在しにくいと言えるのである。このように、存在するという事は、測りにかける性質によって、存在したり、存在しなくなったりするのである。要するに、存在するという事は、あくまでも、ある2つ以上の任意の性質における相対的に比べた場合の大きさや量の大小という濃度によって、変幻自在に変化する不安定な化学反応のようなものでしかないという事である。では、この私達の生きている全世界を見渡して見れば、万物すべてに共通する普遍的、真理的、絶対的基準の視点など存在するであろうか?そんなものは存在しないのである。なぜなら、もし、すべての人間に当てはまる黄金律が存在したなら、我々の世界はもっと秩序正しく、過ごしやすい平和な世界であるはずである。しかし現実は、もっと曖昧模糊としており、人類は共に一致するどころか、様々な憶測や、思想、思考、情報で混乱しており、人間社会は、精神的、もしくは身体的暴力で溢れかえっているからである。よって、結論として、この我々の住む全世界は本当に存在しているかは、全く分からないのであり、全創造物を造った創造主という神の存在でも認めない限り、この全世界はまだ、生まれてもいないのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

すべての人間は優しくて、思いやりのある人間であるべきか?

ほとんどすべての人は、相手の人間の性格に対して、優しくて、思いやりのある態度を望んでいる。では、人間にとって、優しいとか、思いやりがあることが絶対的に正しい根拠はどこにあるのだろう。例えば、世界中から非常に優秀で頭のいい人達を集めたとする。そして、その集団だけで1つの社会を構成し、一緒に暮らすことにする。すると、本来、その人達はすべて非常に優秀なので、物事も、一番優秀で、効率の良い理想的社会が実現しそうなものである。だが、現実は決してそんなことにはならない。なぜなら、非常に優秀な集団の中でさらに秀でて優秀な者が出てくるからであり、そこから、さらに差が生じてしまうからである。よって、あらゆるすべての人間に当てはまる頭の良さの絶対的基準があるわけでは決してないからである。ただ、あるとするなら、AさんはBさんより優秀であるとか、CさんはDさんより、機転が利くとか、Eさんの方がFさんより優しいとかの相対的な印象でしかないのである。そう、優しさとか、思いやりという概念は、存在の確かさなどではなく、もっと曖昧模糊とした印象という度合い、もしくは、濃度の違いに過ぎないのであって、決して普遍的価値、もしくは真理ではないということである。すなわち、非常に頭のいい集団の中から、さらに頭のいい人間が選別されていくように、それ以外の他の頭のいい人は、その人より、愚かであると言えるからである。よって、結論として、何が優しくて、何が思いやりがあるか、などという命題は真ではなく、偽である。言い換えれば、それらの定義はあくまでも、大小の差、濃度の差に過ぎないのであって、その初めから、すべての人間は優しくて、思いやりのある人間になるべきである、という命題自体が成立し得ないのである。そう、その問いかけ自体が最初から間違っているのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

倫理学序説

真の権威とは何か?それは同胞を殺すことである。例えば、ネズミが同胞であるネズミを殺すことはないし、またそれは許されない。ネズミを殺して食うものは、常にネズミより上位な存在である猫であり、鷹であり、ライオンである。これは言い換えれば、猫や鷹やライオンはネズミを殺す権威を持っているということである。よって、人間にとって、同胞の人間を殺すことを正当化できる、いかなる正義もいかなる偉大な思想も持ってはいない。よって、真の正義とは、正義のために正義を犠牲にしないことである。すなわち、人の命を救うために人の命を犠牲にしないことである。それでは人を殺す権威を持っているのは誰か?それは神である。なぜなら、神は人間より遥かに上位な存在であるから。

高田義裕の人生論

今日の格言

ウクライナの皆さん、本当に気の毒な事です。ロシア軍によって、壊滅的な打撃を受け、食糧や水に事欠いていると聞いています。特にウクライナの都市マリウポリに現在は、ロシア軍の攻撃が激化していると聞いています。あるマリウポリの男性の方で、都民のために、命懸けで水や食糧をかき集めて努力をしておられる方が言っておられました。ウクライナのために神に祈っても無駄であり、それより、実際的に水と食糧を支援してください、とのことでした。しかし、私はそれでも、あえて、全能の神エホバに祈ります。神よ、どうかウクライナの人々の苦境を思いやってください。彼らに全世界におられる神を信じる方達からの実際的な食糧支援と水の支援が届きますように。特に今、激戦区になっているマリウポリの全都民と全兄弟姉妹達に対して、実際的な形で水と食糧が供給されますように。彼らに神に祈っても無駄であると思わせないでください。それで喜ぶのは、神への信仰を捨てさせようとする悪魔サタンの思うつぼです。むしろ、ウクライナの人々があなた、エホバ神からの実際的援助を得て、彼らが神エホバの御名を賛美できますように。マリウポリでは、餓死者が出て、自分達の可愛がっていたペットさえ食べたり、くぼみに溜まった汚水さえ飲んでいると聞いています。なんとむごいことでしょう。ぜひ、彼らをロシア軍の検問所からなんとかすり抜けて、苦しんでいる民間人のもとへ食糧と水が届きますように。また、この機会を通して、彼らだけでなく、全世界であらゆる苦しみを受けている難民やすべての人々にあなた、エホバ神からの援助がありますように。これらの切実な祈りを、御子イエスキリストの御名を通して、あなた、神エホバにお捧げ致します。ア-メン。

高田義裕の人生論

今日の格言

神の王国と義をまず第一に求めなさい。

この世の中で貧困にあえぎ、虐待を受け、数多くの問題で悩みを抱え、苦しんでいる者達に言う。あなた方はまず、第一に神の王国と義を求めなさい。そうすれば、あなた方に必要なものはすべて与えられるからです。それではなぜ、私達は神の王国と義をまず第一に求めなければならないのか?それは、私達が最初の人間夫婦アダムとエバの子孫だからである。アダムとエバは、禁断の木の実を食べることにより、あえて意図的に神エホバに反抗の精神を示し、神の主権を退けたからである。それにより、罪が世に入り、我々は皆、生まれつき神に対する罪人として生まれてくるからである。よって、すべての苦しみや病気の原因は、神に対する罪から生じてくるのである。まさに聖書にこのように書かれてある。マタイによる書、22章37節、イエスは彼に言われた。あなたは心を込め、魂を込め、思いを込めて、あなたの神エホバを愛さねばならない。これが最大で第一のおきてです。なぜ、イエスはこのようなことを言われたのか?それは、私達人間が、生まれつきエホバ神に対する反抗の精神を宿しているからに他ならない。もし、私達が神に対して生まれつき反抗の精神を宿していないなら、イエスはあえてそんなことを私達に言う必要はなかったからである。例えば、私達が水に不足する砂漠地帯に住んでいたら、その町の正しいおきては、まず水を第一に大切にしなさい、というものに違いないからである。もし、水に何不自由しない温暖な気候の土地に住んでいたのなら、そんなおきては必要ないのである。これにより、私達がエホバ神のご意志に対して、ある種のアレルギー反応を示すのは、確かに、過去において、神エホバに対する主権の論争がサタンにおいて引き起こされたことを証明するものなのである。よって、水不足の町で水を大切にしないことは、死に直結するのと同様に、神エホバのご意志を大切にしないことは、我々にとって死を意味するのである。よって、水不足の町で、水を大切にするなら、物事は上手くいき、それは命を守るのであり、それと同様に、我々が神のご意志を大切に守るなら、必ず物事は上手くいき、それは私達の命を守ることになるのである。まさに聖書にこう書かれてある。マタイによる書、6章31と32節、それで、思い煩って、私達は何を食べるのか、何を飲むのか、何を身に着けるのか、などと言ってはなりません。これらはみな、神を知らない諸国民がしきりに追い求めているものなのです。あなた方の天の父、エホバはあなた方がこれらのものをすべて必要としていることを知っておられるのです。ですから、神の王国と義をいつも第一に求めなさい。そうすれば、これらほかのものはみなあなた方に加えられるのです。

高田義裕の人生論

今日の格言

あらゆる地域にいる全諸国民に言う。まもなく必ず起こる世界的大艱難のための準備をせよ。もうすぐこれまで起きたことがないような世界的大災害が人類をおそうからである。あらゆる地域で、大地震、大雨、雹、火山噴火、食糧不足、戦争が瞬く間に同時に起こるからである。その日はまさに恐ろしいものとなる。今から直ちに自分の家のすぐ横に地下室である防空壕を作れ。そう、今からすぐに家の下か、庭にシェルターを作るのである。いざという時は、身を地面に伏せるように、あなた方の心も地下室のようにへりくだらなければならない。いざという時は、身を低くした者こそ、救われるのである。

高田義裕の人生論

今日の格言

現代社会における最大の偶像崇拝による闇

我々21世紀における最大の偶像崇拝とは何か?それは、固定観念であり、思い込みであり、決めつけに他ならない。私達は毎日の生活の中で、どうせ何をやっても変わらないと決めつけていたり、これは間違いなく悪いと決めつけて固定観念を持っていたり、あの人は嫌な人だ、と決めつけて思い込んだりしていないか?これこそが、思考停止状態であり、最大の偶像崇拝なのである。すなわち、相手と対話すること、お互いに継続して話し合い続けること、お互いに譲り合い、良好な関係を保ち続けることを否定する行為なのである。要するに、そこには、自分にとって、世界が敵か味方かの二通りの価値観しかないのであり、これは人を堕落させるものである。この多様性に満ちた深くて広大な世界は驚くほど複雑であり、到底、敵味方という軽率で、狭量な考え方では、はかり知ることは出来ないのである。よって、我々人間は、お互いに対話すること、相手を理解しようと努め続けることを止めてはいけないのである。我々は常に考え続けなければならないし、コミュニケーションを止めてはいけないのである。もし、話し合い、対話し合うことが、それ以上無駄なことならば、我々には元から口はないからである。しかし、私達は生活する上で、食べ続けていかなければならないし、他の人とおしゃべりすることを必要としているからである。よって、この多様性に満ちた世界を東西の冷戦のようなただ2つの価値観しかないと思い込んではいけない。単に民主主義勢力のアメリカが正しくて、独裁政権国家であるロシア勢が悪い、という軽率な固定観念を持ってはいけない。この点においても我々は常に考え、和平を模索し、話し合わなければならないのである。すなわち、アメリカ勢にはアメリカ勢の言い分があるのであり、ロシア勢にはロシア勢側の言い分があるのである。よって、相手を単に、敵か味方かという浅はかな思考停止という偶像崇拝を止め、我々はとことん話し合い、互いの譲歩が導き出せるまで、対話し続けなければならないのである。大昔からあるキリスト教の聖典である聖書に再三、戒められている偶像崇拝とはこのようなことを指しているのである。よって、最大の偶像崇拝とは、相手のことをよく知りもしないで、勝手に決めつける態度にあるのである。よって、人間は何事もすべての事において、よく調べもせずに性急に判断してはならないのである。