高田義裕の人生論

今日の格言

文明論

人心乱れるとき、天災あり。

人間の文明には寿命がある。古今東西、いろいろな社会体制が生まれては消えていった。絶対王政から共産主義、軍国主義や貴族主義や世襲制、様々な支配体系が試みられ、すべては最後には崩壊していったのである。我々、現時点での社会体制は民主主義であり、資本主義である。それ以前の様々な支配体制はすべて戦争によって終わりを迎えた。そうである、それまで築き上げてきた価値観なり、富や財産、文明の中心地である都市は戦争によって破壊され、すべてはがれきの山となって崩れ落ちたのである。その都度、新しい社会体制はまたゼロから出発してきた。そう、人間の文明は長くもっても半世紀、50年であり、このサイクルが人類史を形作ってきたのである。我々の時代も同じである。民主主義や資本主義ももはや末期的であり、あと数年で崩壊しようとしている。民主主義は衆愚政治と化し、頼れるリーダーの不在を産み、言論の自由により、世の中はいろんな情報で溢れかえっているが、もはやどの情報を信じてよいのか分からなくなっている。資本主義はますます貧富の差の拡大を産み出し、資本主義の貪欲な利益の追求が地球環境を汚染し、その付けが自然災害となって、我々に降りかかっている。世界はまさにパラダイムチェンジのターニングポイントに我々は位置しているのである。私の国、日本も第二次世界大戦の敗戦により、軍国主義が崩壊した。その後、アメリカ合衆国の占領下において、日本は民主主義となり、一時は経済大国として名をはせた時もあった。しかしそれもバブル経済の崩壊により、その繁栄は終わりを迎え、そこから日本経済は急激に縮小し、不景気によるデフレーション経済となり、今に至っている。そうである、戦後、焼け野原から成長し、膨張し続けてきた日本型民主主義体制という資本主義はあと数年で崩壊しようとしているのである。このように我々の住む地球世界は1つの体制がずっと続く状態を許さないのであり、1つの体制がいつまでも富を独占することを拒むのである。これは万物の法則であり、倫理の大原則なのである。日本において、本来なら、優秀な政治家が舵取りをし、これまでの社会体制を全くの逆の方向へ導かなければならないのに、自由民主党という一党独裁が何十年にも渡り、既得権益層と化して、その権益を死ぬまで離そうとしない。一度敷かれてしまったレールはそう簡単には動かすことはできないのである。現代社会においては、昔のように戦争によって現体制を崩壊させることは倫理的にタブーであり、不可能である。そう、日本のこれまで積み上げてきた価値観なり、富や財産を人間の側から変えることは難しいのである。それでは万物の法則である大自然の摂理はどのように対処するのであろうか。そう、人間が変われないなら、自然の力で変えようと働きかけるのである。それこそが天災であり、近年の日本の自然災害の増加に必然的につながっているのである。要するに、人間の1つの文明がまた50年周期の終わりに差し掛かっており、それは大自然の地殻変動という大地震によってひとたび日本を再び昔の焼け野原に変えようとしているのである。よって、日本の大都市である東京に最も人や富や財産、そして既得権益層が集中しているため、大自然の摂理の法則は、首都、東京を標的にして大地震によって現体制を終わらせようとしているのである。まさに今、日本はパラダイムチェンジのターニングポイントのただ中にいるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です