高田義裕の人生論

今日の格言

まじめであることの息苦しさ

人間は罪を犯したい存在である。人間=罪を犯したい、と定義すれば、日頃、罪を犯す者は当たり前であり、日頃、罪を犯さない者は異常だということになる。すなわち、日頃、罪を犯さない人達は、皆、罪を犯したい欲望を我慢しているということが露呈される。これは、例えれば、溶岩を溜め込んだ火山の様であり、いつ大噴火、すなわち、重大な罪を犯しても不思議ではない状態である。人は禁止されればされるほど、それを破りたくなるのであり、してはいけないことをするほど、気分がスカッとし、ストレスが発散されるのである。人はまじめであることにストレスを感じる。まじめに振る舞うことに息苦しさを感じ、生き辛さを覚えるのである。よって、日頃、まじめ過ぎる人ほど、ある日、突然、大きな罪を犯す確率は高い。人がまじめさを保つのは、大変な労力を要するのであり、私達は他の人がまじめに振る舞うことを、日頃、当たり前に思っていないか?それは甚だ見当違いなことなのである。むしろ、他の人のまじめな振る舞いを、日頃から褒めるべきであり、場合によっては、報酬を与えるべきである。よって人は、日頃、まじめに振る舞うことによって生じるストレスを何かしらの形で発散させなければならない。なぜなら、それによって、人が常日頃、まじめな態度を保つためのモチベーションに繋がるからである。まじめであることが当たり前の社会は、むしろ、異常であり、すべての人に常に笑顔と品の良いマナーを当たり前のように要求する社会は、感情労働を無意識に強いる強制労働社会であり、人間の自由意識を搾取する不健全で、甚だ、不健康な社会なのである。誰でも、本音を言えば、男女の区別なく、かって気ままに振る舞いたいし、いろんな欲望を満たしたいし、いろんな異性とセックスを楽しみたいし、特に男性に関しては、ポルノビデオを見たい。すなわち、まじめさを要求される職業に就く人ほど、そうでない人達よりもストレスを溜め込んでおり、アブノーマルな性犯罪や欲望の衝動に駈られている。例えば、警察官や教師や医師や聖職者という模範的立場にいる人ほど、アブノーマルな欲求を抱きやすい。よって、私達はある悪い習慣を克服したと考えているなら、私達はいまだにそれを克服すべきほどにも克服してはいません。よって、我々は死ぬまで、あらゆる誘惑、もしくは、ギャンブル依存性、アルコール依存性、セックス依存性、ポルノ依存性、ドラッグ依存性、買い物依存性と戦い続けなければならないのである。よって、人は他の人の抱えている問題は自分たちと同じものなのだ、と考えて、自分の心を広げ、他の人を思いやる点で自分の心の寛容さの許容範囲を拡張しなければならないのであり、自分を他の人と比べて、優劣を競う対抗心を辞め、むしろ、互いの罪を告白し合う点で率先し、互いに心の本音をたやすく言い合える環境を作りあげていかなければならないのである。これこそが本当の健全で健康な社会の在り方なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です